「てらこや・江東 」−フィールドワーク始まりました−

2004年5月16日 19時45分 | カテゴリー: トピックス

まちのバリアチェック

 5月8日、ワークショップ「こんな江東区だったらいいな」で出てきた課題を整理し、2つのチームに分かれまち探検を始めました。「ユニバーサルデザインによるまちづくり」のチームは、早速バリアチェックをするために、5月16日まちに出かけました。あいにく、はっきりしない天気でしたが、バリアチェックに参加してくださった視覚障がい者のSさんの希望で東砂8丁目から東砂スポーツ会館まで徒歩で移動。途中、道路のチェックをしながら進みスポーツ会館では、さまざまなバリアを発見。今まで視覚障がい者の利用はないとのことでしたが、視覚障がい者の利用を想定していないと思える施設です。
だれもが住みやすい「江東のまちづくり」を実現していくためにこれからも調査をして、市民の提案を、区政につなげます。
 次回は、5月26日(水)13時30分より車いすによるバリアチェックをします。参加希望の方は江東・生活者ネットワークまでお問い合わせください。電話3636−9044