政策

2015年江東・生活者ネットワーク政策

大事なことは市民が決める(政治と暮らしを生活者がつなぐ) 

Ⅰ誰もが安心して地域で暮らす
●子ども、若者、高齢者、誰もが集い、気軽に相談できる場所を地域につくる
●保健・医療・福祉・介護・看護の連携、在宅ケアを支える「地域包括ケア」システムをつくる
●防災は「まちづくり」、互助(おたがいさま)で支え合いの地域をつくる

 Ⅱ子どもの育ちを応援する
●自己肯定感を育み、いじめをなくす、子どもが主役の学校をつくる
●子ども・子育て新制度、待機児を無くし、孤立させない子育ち・子育て支援を充実する

 Ⅲ働くことは生きること
●男女平等意識を育て、女性も男性も子育てしながら働き続けられる社会をつくる
●若者が学び、働き、生活できる支援やしくみをつくる

 Ⅳ未来に託す環境や食を守る
●NO!化学物質、電磁波、放射能、子どもの未来と健康を守る
●原発ゼロ!再稼働反対!節電・省エネ、自然エネルギーの活用をすすめる
●廃プラ焼却ストップ!生ごみの自家処理をすすめ、3Rでごみを減らす
●公共施設で合成界面活性剤を排除し、無添加石けん使用をルールに
●子どもの食生活を支える学校給食で、食材の安全を確保し、「食育」をすすめる

 Ⅴ区民参加と情報公開で 区政を市民の手に!
●区政の徹底した情報公開と区民参画をすすめ、大事なことは市民が決める
●子育てや介護、身近な公共サービスをNPOや市民が担うことを応援します
●議会への区民参加の仕組みをつくり、開かれた議会づくりをすすめる

 Ⅵ平和を守る
●解釈改憲反対!憲法を活かし、人権・平和を守る社会をつくる